>> 更年期障害に「サントリー ローヤルゼリー+セサミンE」 <<
>> 40代以降の女性の前向きな毎日を応援します。 <<

 

■  HRTを始める前に



HRTを始める際には、事前検査が必要になってきます。では、どんな検査が必要なんでしょうか。まず更年期指数(SMI)などを用いた問診で症状をチェックします。これは、自分自身の自覚症状で更年期障害の危険度をチェックするというものです。このときに、更年期障害にかかっている危険性が高いと判断されるときは、HRTが適応される可能性が高くなくということになります。

それ以外に、血液検査でエストロゲン(E2)と卵胞刺激ホルモン(FSH)を調べます。その結果、血中のエストロゲン(E2)が30pg/mL以下、または、卵胞刺激ホルモン(FSH)が30mIU/mL以上ということになれば更年期障害である可能性が高くなるので、HRTの適用が効果があると考えられています。

そういった更年期障害の有無を調べた上で、肝機能、コレステロール、尿検査、貧血・血液凝固、乳がん検診、子宮頸がん、体がんの検診を行い、更年期障害のほかに器質的な病変がないか確かめます。そのうえで、HRTを開始します。

HRTはかなり即効性があるとされています。多くの人は始めてから数日〜1ヶ月くらいで効果を実感するようですが、なかには3ヶ月ぐらいで初めて効き始めるといった方も居られます。また、効き方はそれぞれで、完全に症状が無くなってしまうかたもいれば、長期服用しても効かないと場合も中にはありますので過度の期待は禁物です。

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ どんな症状なの?
更年期障害の代表的な初期症状として分かりやすい症状が、「生理不順」「のぼせる」「顔がほてる」「異常な発汗」「息切れ」「動悸」「頭痛」「物忘れ」「イライラ」「不眠」「鬱」・・・続きを読む

★ ホルモン補充療法とは
更年期障害の治療法として代表的なものにHRT(ホルモン補充療法)というものがあります。HRTというのは、更年期症状や更年期障害の治療のために閉経前後に体内・・・続きを読む

★ 若年性更年期障害
更年期障害の意外な実態として、若年性更年期障害というものがあります。更年期というのは文字通り、年を重ねているという意味が込められているので年配特有のもとと・・・続きを読む

【その他人気コンテンツ】
★ 男性の更年期障害
★ サプリメントの摂取
★ 頭痛との関係
★ めまいとの関係