>> 更年期障害に「サントリー ローヤルゼリー+セサミンE」 <<
>> 40代以降の女性の前向きな毎日を応援します。 <<

 

■  注意すること



HRTはすでに説明してきたように、更年期障害の治療法として、十分に確立されているもので欧米では大変ポピュラーな治療法であるだけでなく、長い歴史を誇っています。HRTをさらに安全に、体に感じるメリットを大きくし、違和感が少ない状態で運用するために、いくつかの注意点を紹介します。

まずは医師の指導のもと、治療を開始したら必ず定期的に検査を受けるようにしましょう。HRTを始めるためにはまず婦人科を受診します。そして、ホルモン検査や子宮ガンなどの検査を行うことになります。最近では、内科や心療内科でHRTを処方されることも少なくないようですが、その場合であっても必ず一度は婦人科を受診しましょう。そうすることで、ホルモンの分泌状況や女性特有の病である乳がんに関する検査や知識を得ることができます。さらにHRTを行っている間は定期的にホルモン検査や子宮ガンなどのチェックを受けるようにすれば安心です。

また、別の注意点として、HRTを受ける場合は少なくとも3ヶ月は続けてみることが必要です。というのは、HRTが効くかどうかということの見定めは、裁定3ヶ月ぐらいは様子を見る必要があるということが経験的に医療の現場でいわれていることだからです。そのため、すぐに治療効果を得たいと焦るばかりに時期尚早に治療を断念してしまうというケースがあるのです。始めてすぐに効果が出でることはないかもしれませんが、私には合わない、効かないなどと早とちりせずに、じっくりと辛抱強く経過をみまもる必要があります。なお、3ヶ月以内の服用なら乳がんなど体への悪影響はまったくないということが医学的に検証されています。

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ どんな症状なの?
更年期障害の代表的な初期症状として分かりやすい症状が、「生理不順」「のぼせる」「顔がほてる」「異常な発汗」「息切れ」「動悸」「頭痛」「物忘れ」「イライラ」「不眠」「鬱」・・・続きを読む

★ ホルモン補充療法とは
更年期障害の治療法として代表的なものにHRT(ホルモン補充療法)というものがあります。HRTというのは、更年期症状や更年期障害の治療のために閉経前後に体内・・・続きを読む

★ 若年性更年期障害
更年期障害の意外な実態として、若年性更年期障害というものがあります。更年期というのは文字通り、年を重ねているという意味が込められているので年配特有のもとと・・・続きを読む

【その他人気コンテンツ】
★ 男性の更年期障害
★ サプリメントの摂取
★ 頭痛との関係
★ めまいとの関係