>> 更年期障害に「サントリー ローヤルゼリー+セサミンE」 <<
>> 40代以降の女性の前向きな毎日を応援します。 <<

 

■  治療の実際



HRTの治療を始めるときには、さまざまな診断を行ってから適切な方法を選択します。たとえば、月経があるかどうかといったようなこと、あるいは、どのような症状かによっても、HRTをどのような方法で用いるのかは変わってきます。実際には、診断をしてもらった病院、更年期に詳しい産婦人科、更年期外来の専門医に十分に相談してください。

通常は、受診・問診のあと、血液検査、尿検査、子宮・卵巣超音波、乳がん検診、細胞診、骨量測定など各種検査を実施します。そのうえでHRTを受けることに決定した場合は、さまざまな使用方法のなかから自分の症状と希望に合ったものを選択します。

HRTに用いる薬は、エストロゲン、エストラジオール、黄体ホルモンなどがあり、また、飲み薬のほかに貼り薬、塗り薬も存在しています。使用方法は短期の投与、連続投与、断続投与などがあります。本当にエストロゲンの使用方法はさまざまなのです。患者の年齢や症状、卵巣を摘出しているかしていないか、閉経後に5年以上経過しているかしていないか。あるいは、患者の希望として月経様の出血があってもよいのかそうでないのかなどが関係してきます。これらを医師との十分なカウンセリングのもと、定期的な検診を繰り返しながら、使用していくことになります。

なにもかも素人判断で満足せず、かならず正しい知識を得て、なおかつ医師とのコミュニケーションや定期的な診断のもと、適切な投与量と投与機関、服用方法を守ることによって、副作用の発生をできるかぎり避けることが重要になってきます。

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ どんな症状なの?
更年期障害の代表的な初期症状として分かりやすい症状が、「生理不順」「のぼせる」「顔がほてる」「異常な発汗」「息切れ」「動悸」「頭痛」「物忘れ」「イライラ」「不眠」「鬱」・・・続きを読む

★ ホルモン補充療法とは
更年期障害の治療法として代表的なものにHRT(ホルモン補充療法)というものがあります。HRTというのは、更年期症状や更年期障害の治療のために閉経前後に体内・・・続きを読む

★ 若年性更年期障害
更年期障害の意外な実態として、若年性更年期障害というものがあります。更年期というのは文字通り、年を重ねているという意味が込められているので年配特有のもとと・・・続きを読む

【その他人気コンテンツ】
★ 男性の更年期障害
★ サプリメントの摂取
★ 頭痛との関係
★ めまいとの関係