>> 更年期障害に「サントリー ローヤルゼリー+セサミンE」 <<
>> 40代以降の女性の前向きな毎日を応援します。 <<

 

■  ホルモン補充療法とは



更年期障害の治療法として代表的なものにHRT(ホルモン補充療法)というものがあります。HRTというのは、更年期症状や更年期障害の治療のために閉経前後に体内で不足し始めてきた女性ホルモン(エストロゲン)を飲み薬(貼り薬の場合も)として体外から補充する療法のことを指しています。

更年期障害というものは、基本的にはエストロゲン自体の分泌が不十分に、あるいは働きが足りなくなることによって引き起こされるものです。その足りなくなったエストロゲンを人為的に患者の体内へ補充することによって、自律神経のバランスが整います。そうすることで徐々に自律神経失調のために起こっていたさまざまな更年期症状が軽くなっていきます。

特に目に見えて、あるいは自覚しやすいホットフラッシュや冷え、動悸など血管運動系の不調は比較的改善されやすいといわれています。また、皮膚や粘膜の乾燥や萎縮、骨密度の低下(骨粗しょう症)のようなものも、コレステロール値の上昇とともにエストロゲンの補充で早期回復が目指せると考えられています。

このように、HRTは更年期障害の治療法としてもっとも中心的な役割を担っているということがいえるでしょう。ほかにも漢方やサプリメントをつかった比較的自然な治療法もないではありませんが、本格的な治療を望むのであればHRTを選択することになってくると思われます。

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ どんな症状なの?
更年期障害の代表的な初期症状として分かりやすい症状が、「生理不順」「のぼせる」「顔がほてる」「異常な発汗」「息切れ」「動悸」「頭痛」「物忘れ」「イライラ」「不眠」「鬱」・・・続きを読む

★ 若年性更年期障害
更年期障害の意外な実態として、若年性更年期障害というものがあります。更年期というのは文字通り、年を重ねているという意味が込められているので年配特有のもとと・・・続きを読む

【その他人気コンテンツ】
★ 男性の更年期障害
★ サプリメントの摂取
★ 頭痛との関係
★ めまいとの関係