>> 更年期障害に「サントリー ローヤルゼリー+セサミンE」 <<
>> 40代以降の女性の前向きな毎日を応援します。 <<

 

■  女性ホルモンとの関係



女性ホルモンと更年期障害の関係について、ご説明しましょう。女性の一生には、女性ホルモンの分泌が大変密接に関わりあっています。女性は、思春期前になると生理が始まり、卵巣機能がもっとも良好な状態となる20代から30代前半の間に出産を経験します。

もっとも、近年では、女性の晩婚化が進み、さらには初出産年齢も下がる傾向にあり、女性1人あたりが出産する子供の人数が減少する傾向に歯止めがかからないのが現状です。いわゆる少子化傾向が強まっています。

近年の女性のライフスタイルは、時代の変化とともに著しく変化してきました。結婚適齢期という言葉はもはや死語になり、女性も男性と同様に仕事を持ち、ほぼ対等に社会進出をするようになってきましたが、その代償として、精神的にストレス過多な女性が増えてきました。女性機能である卵巣は、精神的や肉体的なストレスからダメージを受けやすく、更年期でなくても、一度ストレスを受けると、ホルモンバランスに悪影響を及ぼします。これに気づかないまま、更年期と言われる年齢を迎えると、更年期障害を引き起こしやすくなり、症状がひどく、更年期障害が長引く原因にもなります。

女性ホルモンの分泌量は、月経周期の中でも、毎月大きく変動しています。排卵後からエストロゲンが減少しはじめますが、生理前までにはプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増加します。そのため、月経が近づくと、頭痛や腹痛、吹き出物、イライラ感や不安感、倦怠感などの症状が出ます。しかし、生理後からエストロゲンの分泌量が増加して、心身ともに順調で安定してきます。月経のメカニズムから見ても、エストロゲンの分泌量によって女性の体調が左右されることがよくわかります。

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ どんな症状なの?
更年期障害の代表的な初期症状として分かりやすい症状が、「生理不順」「のぼせる」「顔がほてる」「異常な発汗」「息切れ」「動悸」「頭痛」「物忘れ」「イライラ」「不眠」「鬱」・・・続きを読む

★ ホルモン補充療法とは
更年期障害の治療法として代表的なものにHRT(ホルモン補充療法)というものがあります。HRTというのは、更年期症状や更年期障害の治療のために閉経前後に体内・・・続きを読む

★ 若年性更年期障害
更年期障害の意外な実態として、若年性更年期障害というものがあります。更年期というのは文字通り、年を重ねているという意味が込められているので年配特有のもとと・・・続きを読む

【その他人気コンテンツ】
★ 男性の更年期障害
★ サプリメントの摂取
★ 頭痛との関係
★ めまいとの関係