>> 更年期障害に「サントリー ローヤルゼリー+セサミンE」 <<
>> 40代以降の女性の前向きな毎日を応援します。 <<

 

■  どんな検査なの?



更年期障害の診察としては、まず、月経の状態・あわられている症状、症状が出始めた時期、過去や現在の病歴、生活環境、職業環境などのストレスを招く環境などに対しての詳しいカウンセリングからスタートします。カウンセリングの後、更年期障害が疑われる場合は、血液検査によって、血中のホルモン量を測定します。

婦人科系の病気との区別を検査するために、内心で膣の様子の確認、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫などの有無の検査をし、細胞検査で子宮ガンの診察、触診・超音波検査・マンモグラフィーなどで行う乳がん検査、骨粗しょう症の予防のために骨量の測定、などがあります。

更年期の症状とは関係なく、この時期は、生活習慣病などが発症しやすい年齢です。症状が発症してからではなく、普段からの定期健診やがん検診などを利用して、全身をチェックするよい機会と考え、ぜひ検査(コレステロール値を調べる血液検査など)を受けておくと安心ですね。

年齢を重ねるにつれて、更年期障害以外にも重い病気や疾病などにかかる可能性は高くなっていきます。何事も早期発見・早期治療が何よりも必要です。地域の検診や職場の検診を利用することも出来ますよ。検査を受ける期間としては、婦人科・女性が以来・更年期外来・内科とどの科でも問題ありません。心の安定にとても左右されやすい症状のため、本当に信頼できる先生に出会えることが第一条件ですよね。信頼できる先生に治療をしてもらい、家族や知人など周りの方にきちんと理解をしてもらいしっかりサポートしてもらう事が何よりも大事になってきますよ。

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ どんな症状なの?
更年期障害の代表的な初期症状として分かりやすい症状が、「生理不順」「のぼせる」「顔がほてる」「異常な発汗」「息切れ」「動悸」「頭痛」「物忘れ」「イライラ」「不眠」「鬱」・・・続きを読む

★ ホルモン補充療法とは
更年期障害の治療法として代表的なものにHRT(ホルモン補充療法)というものがあります。HRTというのは、更年期症状や更年期障害の治療のために閉経前後に体内・・・続きを読む

★ 若年性更年期障害
更年期障害の意外な実態として、若年性更年期障害というものがあります。更年期というのは文字通り、年を重ねているという意味が込められているので年配特有のもとと・・・続きを読む

【その他人気コンテンツ】
★ 男性の更年期障害
★ サプリメントの摂取
★ 頭痛との関係
★ めまいとの関係