>> 更年期障害に「サントリー ローヤルゼリー+セサミンE」 <<
>> 40代以降の女性の前向きな毎日を応援します。 <<

 

■  更年期障害の時期



更年期障害の症状が出始める時期は、一般的に女性の閉経前後の10年程度の期間といわれています。閉経の平均的な年齢が50歳前後と言われているため、40代半ばから50代半ばの方が最も多いといわれますが、始める時期は体質や体調などによって変わってくるようです。

早い方は30代から始まってしまう方も見えるようです。離婚や仕事のストレスなどの環境的な要因によっても、時期が早まってしまう事もあるようです。更年期障害の兆候として、最も多いのが月経異常です。月経周期が早まったり、遅れがちになったり、間隔がばらばらになったり、月経の持続日数も2〜3日のときもあれば、2週間も続くケースもあったりと、月経量は減る人もいれば、増える人もいるようです。

40代半ば担って、月経異常が続いたら、その他の更年期障害の症状が無いか気をつけてみましょう。ただ、子宮ガンによる不正出血や子宮筋腫・甲状腺や下垂体の病気による月経の異常の場合もありますので、区別がつかないようなら、医師の受診を受ける事をお勧めします。

20代〜30代で月経が止まり、更年期障害の症状が観られる場合は、通常より早い時期に閉経してしまう早発閉経によって、一般的な年齢より早く更年期障害の症状があわられる「若年性更年期障害」と診断されます。

女性特有の病気のように思われがちですが、男性にも更年期障害の症状が現れることがあります。その時期は40代〜60代、ストレスを溜め込んでしまう方に多く発症してしまうようです。現在の状況では男性の更年期障害はあまり認知されていないため、周りの方の理解を得るのに苦労しそうです。

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ どんな症状なの?
更年期障害の代表的な初期症状として分かりやすい症状が、「生理不順」「のぼせる」「顔がほてる」「異常な発汗」「息切れ」「動悸」「頭痛」「物忘れ」「イライラ」「不眠」「鬱」・・・続きを読む

★ ホルモン補充療法とは
更年期障害の治療法として代表的なものにHRT(ホルモン補充療法)というものがあります。HRTというのは、更年期症状や更年期障害の治療のために閉経前後に体内・・・続きを読む

★ 若年性更年期障害
更年期障害の意外な実態として、若年性更年期障害というものがあります。更年期というのは文字通り、年を重ねているという意味が込められているので年配特有のもとと・・・続きを読む

【その他人気コンテンツ】
★ 男性の更年期障害
★ サプリメントの摂取
★ 頭痛との関係
★ めまいとの関係